【CSS】文字の背景のみ透過の方法/opacityとrgba()の使い分け

文字の背景だけ透過する方法 WEBデザイン
momon
momon

こんにちは!

0歳児子育て中&駆け出しWEBデザイナーのmomonです。

文字やボタンの背景だけを透過しようとしたら、文字も一緒に半透明になってしまった…

という方へCSSでbackground-colorのみ透過する方法のご紹介です。

写真の上に文字をのせたいけどそのままだと見えづらいから下に1枚背景を入れる、というのはよく使うデザインかと思います。

そんな時に、よし透過のCSSといえばopacity、と思って使うと文字も一緒に透明になってしまった…

実は私も実際にコーディングした際にこうなってびっくりしました。(よく考えれば親要素にかけている以上当たり前なのですが)

※この記事にたどり着いている方は、opacityでの透過はすでに試している方も多いかと思いますが、念のためご説明します。

opacityとは不透明度を指定するcssです。

0〜1で指定することが出来、0が透明で1が不透明、数字のみで記述します。

例)opacity: 0.35; これが不透明度35%ということになります。

では、どうすれば良いのか、とっても簡単な方法なので参考にしてみてください。

rgba()を対象の文字要素に指定する

rgba()を対象の文字要素のcssに追記する。

これだけです。とっても簡単です。

rgbとは

rgbとは、レッド、グリーン、ブルーの3色の光の組み合わせで色を表現する手法のことです。

パソコンやテレビなどディスプレイで使用されています。

各色を0〜255の数値で指定することが出来、#の後に数字6桁とアルファベットを合わせて表記することも多いです。

#○○/○○/○○  #red/green/blue

最初の2桁がレッドの色指定、真ん中がグリーン、後がブルーです。

例えば、#000000は黒、#ffffffは白です。

※省略して、#000や#fffと記述することも可能。

rgbコードはPhotoshopやIllustratorで見ることが出来ます。

例)Photoshopでの見方

カラーピッカーを開いた際に確認でき、赤枠で囲った部分がrgbを数字で表示した部分と、#○○○○○○で記述した部分になります。

このイエローは、レッドとグリーンをMAXで重ねた時の色味であることがわかります。

rgba()とは

上で説明したrgbにaを追加して不透明度を指定します。

この時のaは不透明度を表し、0〜1で表します。opacityと同じですね。

→0が完全に透明で、1が不透明(半透明にしたければ0.5で設定します。)

表記の仕方:rgba(255,255,255,0.5)

→これで白の不透明度50%ということになります。

ちなみに、実際の色からrgbaを調べたい場合カラーコードのチェックができるサービスがWEB上にあります。無料です。

もちろんPhotoshopなどのカラーコードと不透明度の指定で記述しても大丈夫ですが、コピペするのが楽なので私はよく使います。

RGBA変換ツール

コード解説

では実際にCSSで見てみましょう。

文字背景ともに透過バージョン

まずはopacityを使用した失敗パターンです。

See the Pen opacity by momon design/主婦WEBデザイナー (@designmomon) on CodePen.

Background-imageで画像を入れ、その上に文字背景と文字をのせています。

文字背景(div id=“bg”)に[opacity:0.4;]で透過していますが文字も一緒に薄くなっているのがわかります。

※background-imageで入れた画像のサイズ合わせとリピート指定のためにbackground-repeat,sizeを入れていますが、透過の作業には不要です。

背景のみ透過バージョン(正解例)

次にrgba()を使用したバージョンです。

See the Pen rgba by momon design/主婦WEBデザイナー (@designmomon) on CodePen.

基本的な組み方は一緒ですが、違いは文字背景(div id=“bg”)にrgba(255,255,255,0.4)を記載しています。

こうすることで文字はそのまま、背景だけ透過することが出来ました。

まとめ

今回はコード付きで文字の背景のみを透過させることの出来るrgba()の使い方をご説明しました。

画像に文字を重ねると画面に奥行きが出て表現の幅が広がるので、私はすごく重宝しています。(使い過ぎ?かなというくらい多用しております。)

知ってやってみるととても簡単なcssですが、よく使うのでぜひ覚えてみてください。

本日もお付き合いありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました